快適リノベーション通信|安全に暮らすコツ

部屋

今後のためにも

インテリア

うちは、築年数が古いこともあって、雨がふると以前から雨漏りするようになってたんです。台所の天井部分に何か欠陥があるようで、雨が降るとポタポタしてくるんですよね。その度に、バケツを置いたりぞうきんを敷いたりしていたのです。でも最近の大雨で、よけいにひどくなっています。一度に降る雨量が多いので、屋根への衝撃が大きいのでしょう。ますます雨漏りの範囲や程度が悪化しているんです。バケツや雑巾での応急処置ではちょっともはや間に合わないくらいになっているので、しっかりと雨漏り修理をする必要があります。でも、これって、家の劣化の一部に過ぎない気がするんですよね。雨漏りというわかりやすい形で目に見えているけれども、もっと建物の構造や内部にも損傷が出てきているのではないかと思うんです。家って、風雨にさらされていますし、人間といっしょでどんどん年をとって劣化していきますもんね。それに最近、家の間取りや段差とか、水回りとか、いろいろな箇所に不具合というか「もっとこうだったら便利なのに・・・」と感じることが多くあるんですよね。うちは来年子供が生まれて家族も増えます。家族が増えて、生活も変化していくでしょうし、今後のことを考えるとこのタイミングで家全体のリフォームやリノベーションをしたほうがいいのではというのが私と夫の見解です。