快適リノベーション通信|安全に暮らすコツ

部屋

2つの言葉の違い

作業員

住宅とは、人が住むところという意味であり、家屋そのものを指すことが多い。また、住居もしくは住み家、住まいと同じ意味で用いられる。人があらゆる日常生活を送るための空間であり、購入もしくは譲渡、賃貸などで住む権利を得たあと、一定期間を過ごす。住宅の分類方法はさまざまであり、機能や年数によって変化する。代表的なものは集合もしくは一戸建てであり、前者はマンションやアパート、団地などが当てはまる。また、いずれの場合も分譲および賃貸に分けられ、嗜好や用途、ライフスタイルによって選択できる。また、高齢者向け、災害などで一時的に避難している場合の仮設、エネルギー源がすべて電気であるオール電化なども、機能による分類方法である。さらに、建てられた年数が新しければ新築、古ければ中古と区分される。住宅は人生で最も大きな買い物と言われる。購入する場合の思い入れは深くなり、長く住み続けることができる住宅を求めるはずだ。日本では震災に対する意識が高いので、免震構造を依頼する注文が増えている。また、省エネルギーを考慮して、太陽光発電システムの設置に関心を持つ人も増加している。さらに、収納が便利なようにと地下室を設けたり、デザイナーによるインテリアを取り入れたり、個性的な住宅の建設が可能となっている。これらを実現させるのが、リフォームとリノベーションである。リフォームとリノベーションは、住まいを家族にとってさらに快適なものへと生まれ変わらせる事が出来る。住まいの中だけでなく敷地スペースであるエクステリアのリフォーム、リノベーションも人気である。